タグ:レッスン ( 40 ) タグの人気記事

合宿

8/7~8/9
2日間の参加でしたけれど、
物凄い密度で充実したものでした。

密度が濃いからといって
ココロにもカラダにも無理のない・・・
むしろ調子が良くなるレッスンやアンサンブル・・・♪


c0133533_1214444.jpg




画家だった先生のお父上様の笠間のアトリエでのレッスン。

たくさんの作品に囲まれて、その雰囲気がアートシーンに自分が置かれているという
心地よさ。
そして先生の機知に富んだ素敵なステキなレッスン☆★☆

伴奏をしていただいたピアニストの先生は、
「色々な合宿で伴奏をしてきたけれど、これほど素晴らしい合宿はない」
と仰っていました。

ワタシも色々な合宿を経験しているけれど
全くそのとおりと思います。

やっと、「たどり着いた」 のかな、、と静かに思えます。



------------------

受講曲
プーランク     ソナタ Ⅰ Ⅱ Ⅲ 楽章

アンサンブル
ヘンデル      水上の音楽より Allegro
ハイドン       交響曲第101番第2楽章
J.シュトラウス   ラデツキー行進曲

合同練習
St.サーンス    交響曲ハ短調 Adagioより
by bergamia_fl | 2011-08-11 01:32 | Flute | Trackback | Comments(8)

あたたか~

前回のフルートレッスンで 師匠からの思いがけないコトバがグサッとワタシの胸を刺しました。。

ココロのダメージは思いのほか大きかった。

頑張って立ち直らなければ。。

ひょっとしたらもうこの師匠のもとでレッスン続けられないかも。。。
結構ワタシ、小心者なのです(TT)


そんな縮こまったココロをあたたかくしてくれたのは・・・

お鍋~
c0133533_1501584.jpg

なんですけど・・・
このお鍋を食したのは、中学時代の友人達との新年会。

気の置けない、優しい面々との語らいはハートフルでした


....................................................................................................
で、、

ウチの長女の作品
【週刊ダイヤモンド】の表紙を飾る!


(´・ω`・)エッ?

ち、違いまふ。

長女は自作品をフェイスブックのアイコンにしていて、それを小さく小さく載せてもらったらしいです(汗)。
c0133533_21069.jpg

           右端の列の下から何段目か・・・
           (具体的な場所はNGとご本人。特定されるとのこと、たいしたこと無いのにね^^;)
by bergamia_fl | 2011-01-27 21:48 | Impressions | Trackback | Comments(2)
c0133533_23323537.jpg

                                                                   (ポップアート・モード)



カワイイ・カワイイ 
Kozou君ー☆

最近は
体調良くないワタシ。。
彼をかまってあげられないから
今日はカワイく おシャシン撮りました~♪

いかがでしょうか。
ちょっと、眠いお顔(^_^;)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



昨日のボザの合わせ練習と夜のオーケストラ練習。
結構体力消耗しました。

けど、、
今日はなんだか
体の感覚がスッキリしています。
(スマートになったってコトではありませぬ、念のため^^;)

痛みは殆ど無くなりました。
(しばらくはあの クスリの王様のようなのを飲み続けなければならないとのことデス・・・)


12:30からのアンサンブル・レッスンにも余裕をもって行けました。

暑いから ギリギリではね・・・汗だくはNGですよね。





c0133533_2364541.jpg

                                            レッスン会場のビル♪







教えてくださる橋詰先生は
フルートのパートでのおさらいを節目節目で
レッスンしていただいているのです。

今回も熱心に指導をしていただき、1楽章目のレッスンに1時間。。
その後の2,3楽章合わせて1時間程。。。


1時間レッスンをお願いしていたのに・・・
本当に本当にありがたいことですm(__)m


音楽的な流れの作り方はもちろん、楽譜校訂のミスの指摘・・・


大方の音程はOKでした。
前日の合わせ練習の効果があったのか、
音楽的なレッスンになりました^^

1楽章はラヴェル的なんですね・・・

いつもこういうレッスンだったらいいなぁ~♪


来月の本番は心強いです♪♪




その後、恒例(笑)の橋詰先生の音楽に関する≪講話≫(^^;)。

これがまたとても楽しいのです。

ヨーロッパでの修行時代の大御所のレッスンやそのエピソードの数々♪
ワタシのような末端アマチュアにとって雲上のストーリー。

それに絡めた、フルート奏法上のお話。
そして、先生のご友人の白尾先生の素晴らしい音楽が日本で稀有であることについての考察。
(フフフ・・・臨場感たっぷりのお話なので堪能しました♪)

来年白尾先生ご兄弟でリサイタルが行われるとか・・・
絶対に聴き逃さないようにしなくては・・!


レッスン会場の建物を出たときは5時を回っていたような・・・><

橋詰先生のお陰でフルートパートの仲間と至福の時を過ごさせていただきました。

先生、いつも本当にありがとうございます!!
by bergamia_fl | 2010-08-29 23:38 | Flute | Trackback | Comments(4)

J.S.Bach


                    そろそろ、、紫陽花さんは終わりの頃かな~。。
c0133533_074884.jpg


           大好きな~         
          ≪音楽の捧げ物 BWV1079≫のトリオ・ソナタ(1,2楽章)のレッスンを受けました。


          ヴァイオリンは次女♪
          ピアノ(通奏低音)は師匠のご主人様(実は本格派ピアニストなのです!)。
          フルートはワタクシ(^_^;)



          師匠ご夫妻は和声を重視していらっしゃるので
          その和声進行を分析して曲の内容を整理整頓し、重要な音を
          明確にするのです。

          そうすると、どんな複雑な曲想も難なく演奏できる・・・
          のです♪

          実際、膨大で同じようなフレーズが繰り返し出てくる
          2楽章がスルスル~と演奏可能に!

          しかし、和声を理解するということは音楽の本質により近づく
          1つの重要な手段なのですね。

          もちろん、音楽は感性(本能)で表現することが奏者の内面を
          反映し聴く人に感動を与えるものです。
          でも和声を理解しているか否かでもっと高度な芸術的表現を
          伝えることができるのだと思います。


          師匠夫妻のレッスンは、
          熱心で精神を揺さぶられるようなバッハへの思いが溢れていました。

          次女のヴァイオリンも今までの研鑽があったればこそのバッハの喋り。
          やはり、彼女はバロックや古典の人なのですー♪
          
          師匠夫妻は 
          「バッハ、出来てますね~♪」 と。
          親として とても嬉しかったデス^^

          大学生活も忙しくて、5日ぶりにヴァイオリンを弾いたのでしたが、
          陰影のハッキリした美音がスゥーっと奏でられるなんて
          今までの練習の「貯金」が有るのでしょうね。                   

          その「貯金」が尽きないようにね・・・(^_^;)


          3,4楽章のレッスンまで 時間が有るので またコツコツ練習して
          苦手だけれど分析もそれなりに準備しなくちゃなりませぬっ。
                  
           


          
by bergamia_fl | 2010-07-05 00:09 | Ensemble | Trackback | Comments(4)


c0133533_2346174.jpg

                                      「ねぇ、Kozouおじしゃん。。。」


    「 ・・・・ 」

     

     Chibico君に話しかけられても、かたくななKozou君・・・

    
     春はもうすぐ。

     仲良く楽しみましょう・・・ね(=^・^=)




      最近はNeko君たちばかりのこのブログ。。。

      そこで、久々のワタシのフルート・ネタでし♪
c0133533_2346427.jpg


       最近、自分のウッカリからの心配事が引っかかっています。
       が、、

       明日は久々のフルートレッスン。

       気持ちを切り替えて、≪ヴィドールの組曲≫ ガンバリます!
        ロマン派の終わりころ・・・とてもココロに染み入る曲と思います。。
       
       楽しみたい!

       折角、フルートを吹ける環境にあるのですからね(^_^♪
by bergamia_fl | 2010-02-24 23:58 | Flute | Trackback | Comments(6)

年内最後のレッスン



数日前の旗日。
久し振りに郊外型のファミリーレストランでユッタリと家族で御ランチしました。


c0133533_2364340.jpg





でも、娘たちが ヤレ大学のサークルだー!、ヤレ受験塾だー!、 、 とかで
なかなか家族が全員そろわなくなってきました。


この日も次女は塾の冬期講習で不参加
頑張ってオベンキョウしているのにご馳走を食べられないなんて カワイソー(+o+)。。

おばぁちゃんが参加して、4人で楽しみました。
c0133533_23732.jpg





ワタシは好きなことをやっているので、母のワタシ抜きでの外食も時には していただいておりまする。。。


その「好きなこと」のヒトツ・・・

フルートレッスンemoticon-0159-music.gif

今日が年内の最終でした。
6月に新師匠に入門して今回で通算第21回目のレッスン♪

先日のクリスマス会での自分の独奏の講評。
そして遂にアンサンブルを勧められました^^

緊張してやはり「砕けた演奏」をしでかしたのですが、、
その原因を噛み砕いて解説して頂いたのでした。

やっぱり、新しい奏法はまだ身についていない・・・ということなんですよね~

これまでのお弟子さんたちも1年くらいは掛かったそうなので、「焦らない、焦らない」
と念じました(笑)。

クリスマス会ではアンサンブルのお相手も見つかったような感触なので、「これから楽しくやりましょー♪」
とのご託宣。
痛み入りました。。


師匠のアナリーゼからのエチュードor楽曲の音楽作り(勿論、感性重視もご推奨♪)の
解説&生徒に考察させるタイミングのさじ加減の絶妙さ!
ホントにclever なお人なんです☆

アナリーゼを自力でスムーズに出来るよう、来年は固くなりつつあるアタマを現状維持とは言わずに、
【柔らかくする】というポジティブな目標にしようかな・・・

これくらい標的が跳んでないと低調で終わりそうだもん・・(^_^;)

来年こそはー(^^)/
by bergamia_fl | 2009-12-25 23:49 | Flute | Trackback | Comments(0)

光明か?



      毎年恒例  
c0133533_0304051.jpg
 
               Kozou君は 秋が深まると ガングロ仕様になります♪


                              コントラストがはっきり。






  emoticon-0159-music.gif emoticon-0159-music.gif emoticon-0159-music.gif emoticon-0159-music.gif emoticon-0159-music.gif






今日のフルート・レッスンにて、

高音の本当の音質・・・・・・しっかり鳴らせるようになりました♪

師匠の熱意ある指導のお陰です(^^♪

百発百中じゃないけれど、チョットした左手(!)の角度や楽器の離し方(!!)で出来るのです。
(今まで、10回超のレッスンで言われつづけていたのですが・・・)

中音域の音色は嬉しいことにいつも褒めていただくけれど、
高音のチカラの抜けが今ひとつと指摘されていたのでした。

恥ずかしながら今まで、 高音、それもディミニュエンドには自信が有ったんです。。。
実際、オケ仲間にも言われていたし・・・(汗)

でも、今の師匠に入門したら それは本当の響きをあまり伴っていないと指摘されたのです(TT)

また、簡素なエチュードを物凄く音楽的に素敵な曲に導く過程が素晴らしいのです。
(有難い)
今までの師匠たちになおざりにされていたから余計に感慨深いですね。。


後は、ノンタンギングで息(音)の集めを精進しなければ。。



曲はモーツァルトのアンダンテ。

超素直な曲で技巧はないけれど、レッスンでは奥が深すぎるーーー♪
解釈も素直な内容。
ひん曲がったワタシの性格でどこまで お品良く仕上げられるか、、
アタマを使わないと(^_^;)

これは正念場です!
(ちと大袈裟か・・これまた苦笑。。)
by bergamia_fl | 2009-11-12 01:20 | Flute | Trackback | Comments(4)

すべてよろし


昨日今日とサクサクです♪

楽しく事が運びます。


c0133533_0264435.jpg


昨日は30ウン年ぶりの出身中学校の同期会。

今日は新日フィルの野口氏のフルート・レッスン。


レッスンでは、
≪ベートーベンの田園・4,5楽章≫をみてもらいました。
来月の親子鑑賞教室で演奏します。

4楽章から5楽章のソロでの音楽の橋渡し・・・とても重要。。
やはり最後の2音でガラッと変る。

嵐のあとの雲間からの太陽の光がさす田園。

音楽で梯子を掛けるやうな・・・前の指揮者は天使のハシゴって言っていたなぁ^^

責任重大だけれど、りきまない。。

各フレーズのダイナミクスにも野口先生は触れられて、ff、fやp、ppの向こうにある
イメージや表現能力についてのレクチャーが素晴らしかったです。

それに対してのフィードバックができたので、自信がつきました。

「本番は楽しめますね♪」
と言われたのです。  
うれしい・・・!


レッスン前、エレベータホールでめいぷるさんとお会いしたのも、ウレシイ♪
彼女は2コマ前のレッスンのようでした。
発表会の曲をレッスンしていただいたとのこと。
楽しみです。 聴きにいかせていただきますね。



昨日の同期会の余波かどうかは分からないけれど、
背骨が少し痛みます(>_<)。。。

この歳になると、ちょっとのイレギュラーな動きをすると
どこかに歪がくるのです。



同期会に参加した旧友たちはそれぞれ人生の経験をつんだ
いい顔をしていたなぁ。

ナイスミドルになっていました♪

c0133533_1132822.jpg


何十年も生きているのですから 大変なこともイロイロあったのでしょうが、
暗い顔をしている友はひとりもいませんでした。

旧来の仲良しの友人との語らいも楽しいものでしたが、
当時の顔も名前もウル覚えの人と仲良くなれたのが大きな収穫です。

これから新しい友の輪が広がった、ワタシにとって記念すべき日でした(*^_^*)
by bergamia_fl | 2009-10-19 00:22 | Impressions | Trackback | Comments(4)

本格的な秋到来★
c0133533_0471886.jpg

    外で暮らす Chibico君の兄弟が仲良くお昼寝・・暖かそう。

              ・・・本当はChibicoもこうして寝たいよね^^




  
  秋もたけなわになると・・・・そう、食欲

c0133533_0474228.jpg

             沖縄のブルーシール・アイスクリームを大量お取り寄せ♪

                      36個
c0133533_048646.jpg





                      カナダからいらっしゃった・・・
c0133533_048347.jpg

                       焼いて、、すき焼き風の煮物に入れて・・・(^○^)。





c0133533_0572340.jpg


義母のお手伝いをしたら・・・特上のちゃん。
ご馳走になる♪

食べても食べても・・・ウ・ナ・ギでした(^^)/






明日は、30ウン年ぶりの中学校の同期会♪

どの子もこの子も 大変身していることでせう。

どう変貌しているのか、どう維持しているのか、確認するつもり♪
ものすご~く 楽しみデス。


前日の同期会の疲れが どー出るかは 予測できないけれど、
明けて18日は新日本フィルのフルート奏者のNoguchi嬢のレッスンを受けます。

こちらも、今のワタシの師匠と見解がどう異なるか、オケの音楽についても聴いてみようと思います。


盛り沢山


楽しみばかり~


コレでいいのだろーか
by bergamia_fl | 2009-10-17 01:30 | Every day | Trackback | Comments(2)

涙が出ました。。。


c0133533_9581065.jpg

                   先日法事をしたお寺の住職夫人の作品♪


             やっぱりお生花はいいなぁ~。
             やろうかな・・・^^




お花でも音楽でも一朝一夕では 身につきません。。。


でも、ワタシのフルートは一朝一夕を遥かに超越しているのに
身になってないな~って実感。


レッスンで 音階やフレーズの音列の「足がかり」が感じられないと・・・

さら~っと 吹いてはいるけど ダメなんだって。
( 当たり前ですよね ^^; )

先生は 拍感を感じなければならないところの「音」が鳴ってないと
指摘。

今までの先生方も「鳴ってない音がある」とは言っていたけれど
具体的な指標なんて無かった。

今の先生は丁寧に問題点を指摘・解決法を教えてくださる。

今までの膨大な時間はなんだったんだろーTT


解決法のレッスンが染み込むように分かる・・・♪

今までの自分が無駄にしていた時間を思う落胆と 
師匠が解決しようと絡まった糸をほぐしてくれる喜びが
入り混じった 涙がでました・・・。

レッスンでこれほど感激するとは、初めて!


でも・・・

なんで今までの先生方は音楽で大切なことを きちんと指南してくれなかったのだろう?
単に曲が最後まで通ればいいと考えているのか、それと、指摘する観点が分からないほど
能力がなかったのかと思うのです。

本当にそれぞれ。

今まで、運が無かった。?


先生は
「分かって良かったですねぇ~♪ これからですよ^^」

その言葉ににまたまた涙・・・



そして・・・

所属しているアマオケの練習帰りに
コンマスがワタシを追いかけてきて、

「楽器変えたの? 輪郭がハッキリしている。ここ2週間前くらいから思っていたんだ。
音が違う・・・」 

・・・って!

楽器は変えてない・・・(笑)

( 2nd フルートなのに分かるのかな・・ )


これまた感激・・・涙。

いろいろ 変ってきているんだ~歳は関係ないのかな♪

これからだーーガンバロ!!
by bergamia_fl | 2009-10-08 10:37 | Flute | Trackback | Comments(12)

オンガク・フルート・ネコ・シャシン。。。


by ゼラニウム