<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


週刊文春50周年記念 スペシャル・トーク・ライブ



c0133533_9463243.jpg


週刊文春創刊50周年記念イベントに応募したら当たりました^^



出演は

    週刊文春のカメラマンの「不肖・宮嶋」こと宮嶋茂樹氏、   
    文春に25年間エッセイを連載している林真理子氏
    対談コラムの阿川佐和子氏 でした。





c0133533_9465273.jpg
最初は宮嶋氏のこれまでのスクープや日本中に話題を提供したとっておきの
報道写真をスクリーンに写してのトーク。
(ワタクシが印象に残っている物も彼がチョイスしていたのでウレシカッタ!)





宮嶋氏は愛読者のワタクシにとって唯一認識している日本の報道カメラマン。
彼の体を張ったスクープグラビアの数々は文春を開くのを楽しみにしてくれています。

報道写真なのにユーモアも有り、なにより人間的に憎めないお茶目な方なので
これからの活躍も楽しみです。






後半の林氏と阿川氏のトーク・ライブ♪
週刊文春歴25年超のワタクシには、このお二方は共に歩んできたみたいな・・・おふたりです。

こちらの一方的な感慨でしたが、このようなスペシャルイベントに応募して
当選するなんて、なにか縁を感じます。
(応募者5,000人以上とのこと、当選は300人位?)

そういえば、40周年のときは連載漫画の「タンマ君」の東海林さだお氏のテレフォン・カードが
当たったのでした(^^)


週刊文春さんには楽しませていただいてますね。



林真理子さんも阿川佐和子さんは本当に才女でした。
トークも無駄なく(トーク慣れしているのね)、時折横道にそれても軌道修正が見事!

いままでの軌跡や人生のことをお洒落に、しかも変なお飾りトークもない。


林さんの、
「私に皆さんとても親切にしてくださる。 でも、私は作家という仕事を取ったら
ただのおばさん。  そうなったら誰も見向きもしない。」  と・・・・・。

グサッとなりましたよ、ワタクシ((+_+))。
ワタクシはその「ただのオバサン」 そのものですからね。。。




それと、、
林さんって、、、どことなくフジコ・ヘミングに似てるかな・・・^^;



c0133533_9503127.jpg


ロービーではスポンサーのサ○トリーのビールやお茶のサービスが有りました。
開演前と休憩時に2回もご相伴に預からせていただきました。





お土産(表紙作家の和田誠氏のイラストのエコバッグ&ビール2缶!)もついて
楽しい楽しい時間をもらいました。


これも長年殆ど欠かさず、週間文春を読んでいたご褒美かな・・・・なんて。。
(週刊新潮も読んでいるので、こちらのイベントもチェックしなきゃ・・・!)

by bergamia_fl | 2009-03-27 10:54 | Going out | Trackback | Comments(0)

ご迷惑なことで・・・(^_^;)


ニャンコは見た・・・!
c0133533_12241187.jpg



ヘタッピ・・・

無駄に長いばかりでも・・・にゃんとも言えにゃい。。





Chibico君、ゴメンね。。



3時間練習しました(^^)/

でも、休憩も入ったのでまるまる3時間じゃないです・・・

どうやら、今のフルートは吹きたくなる症になるフルートだす。。。
あの吹奏感を思い描くと、、ふら~と楽器ケースの蓋を開けているのです^^;



人間どもは留守だったので吹きたい放題。

同居のおネコさんたちは、大迷惑だったみたい。
Kozou君は捨てゼリフを吐いて、部屋から出ていってしまうし・・・
(避難)

安眠妨害だよね。

ネコさんたちは ワタクシのフルートの音でイライラが嵩じて、
おふたりの関係が不穏になることもあります(><)


すんましぇん m(__)m

by bergamia_fl | 2009-03-22 12:35 | Flute | Trackback | Comments(10)

世田谷美術館 プロムナード・コンサート



吉成律子フルート・リサイタル

c0133533_102570.jpg


美術館主催のコンサートに応募して当たりました。
もちろん無料^^

このコンサートは将来を嘱望されている新進演奏家を起用しています。
今回の演奏者は若手フルーティストです♪

イギリスで2年間、トレバー・ワイ氏の下で研鑽されたそうです。


プログラムが意欲的!

モーツァルト    ロンド D Dur

R. レヴェル     3つの思い

G. フォーレ     ファンタジー

F.ボルヌ     カルメン・ファンタジー

E. ボザ       イマージュ

C. フランク    ソナタ

アンコール

C.ドビュッシー   小船にて

ピアノ 松山怜奈



吉成さんはエネルギーが沢山必要なプログラムを余裕をもって演奏していました。
その力量は大したものです。

これからは音楽の奥深さを経験を重ねて探求していって欲しいです。
彼女の上品な雰囲気も好感度が高かったです。

使用フルートはムラマツSRだそうです。
1曲目(モーツァルト・ロンド)を聴いた時は、ムラマツと分かりましたが、
2曲目の柔らかい曲想を理解しての音色は非常に甘かったので、パウエルかしら?って・・・

その後のカルメン・ファンタジーあたりで高音域を聴いて、「やっぱりムラマツ?」
・・・と思い直しました(笑)

フランクのソナタもダイナミクスが自在かつパステルトーンの音色が印象的。
ムラマツのSRって 結構良さげなんですね^^
(演奏者によるけど・・・^^;)

終演後、ホール裏にご本人をお見かけしたので思い切ってお尋ねしました。。(^_^;)
やはり、ムラマツSRとのことでした。

吉成さん、ありがとうございます♪
おばさんが不躾な質問をしてしまいましたねm(__)m

また素敵な演奏家を見つけました~♪




by bergamia_fl | 2009-03-21 01:08 | Concert | Trackback | Comments(0)

ラ・ボエーム


          
c0133533_23525173.jpg

観ました~☆


主演のお二人(アンナ・ネトレプコとローランド・ビリャソン)は世界の超一流らしく、
すごく上手でした。

でも、、、、スクリーンでリアルな演技なのにバリバリのオペラ。。。
やっぱり違和感は否めない(^_^;)

死を間近にしたヒロインの周りで主だった登場人物が唄う・歌う~♪
ステージだったら違和感無い場面だと思うけど、大画面で死相に近い度アップの
ヒロイン・ミミの周りで・・・かなりキツカッタです。

そして、リアル・度アップで執拗に、「愛してる~♪」 と主役ご両人がオペラしていたし・・・♪ (汗)
おいおい、こういうオペラなんだよ!)




c0133533_044796.jpgそれに、ビリャソンがイメージじゃない
(><)
ハンサムさんじゃ無いのですワン!









まぁ~それらを抜きにしても、音楽的には
良かったですワ♪

ヴァイオリンのソロとフルートとお針子ミミとのアンサンブルはとても素敵でした^^
今でも耳に残っています。

プッチーニって意外と歌との絡みでフルートを多用していて 良い感じでした♪

演奏はバイエルン放送交響楽団。
安定した演奏でした。
やっぱり、「映像」に乗っかるクラシックは安定感のある演奏じゃないとぶち壊しになるので。。

ただ、間奏曲とかが無く、歌の伴奏しかオケの演奏が聴けなかったのが残念です。


そして、客席がクラシックコンサートのように異様に静かでした。
予告編が始まったらピタッと静まり返ったのには驚きました。
映画なのにポップコーンを食べている人は皆無(^_^;)

終了後も皆静かに退席・・・悲劇だったからでしょうか・・?



                  何だかんだと言っても、楽しかった~です。

by bergamia_fl | 2009-03-19 00:25 | 映画 | Trackback | Comments(2)

ヒトヤマ越え


             手の平?、 手の甲?
c0133533_23492829.jpg

                ニャンコの手・・・
                    ぷにゅ、ぷにゅ(=^・^=)







~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~






オーケストラの本番までの練習が折り返し地点になりました。
なんとなく・・・光が見えてきました。
ワタクシのことですよん(^_^;)

この前まではオッカナビックリでした。
意を決して、びくびくしてもなーんも前進しないと開き直り
頭の中の「田園」のイメージを練習で演奏しました!


隣の2nd フルート嬢は
「先週とちがいますね~♪」
と言ってくれました。

あぁ~ん、ヨカッター!

変化したんだ^^。


オバハンのワタクシでも人間 (><) です。

ここまでの葛藤は大変ものでした。

のどかで繊細で、ある意味祈りに満ち、アンサンブルの薄いこの曲は、しい。。。

イメージどおりの演奏が自由に出来ないモドカシサ&怖さ。


怖さはまだまだ有ります。
てか、、本番まで有るでしょう。。


しかし、吹っ切れた練習が出来てきたのでヒトヤマ超えました。


まだまだ、自分も捨てたものではありませぬな。



自分自身に感謝・感謝デス!!

by bergamia_fl | 2009-03-16 00:22 | Orchestra | Trackback | Comments(12)

発表会曲の選曲




         ネイル・カットしました!

c0133533_020228.jpg

              きったねぇ手(?)

汚く見えるけど、毛皮の色合いがこうなのです・・・^^;
            ( すまん、Chibico 君 )






             ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~




           

今年の発表会は

J.S. バッハ ソナタ e‐moll BWV 1034
1楽章&4楽章にほぼ決定。

25年ぶりにステージで吹きます♪
どうなるかな?


先生の推薦曲は5曲有りました。
モーツァルトのコンチェルト D dur
ドヴィエンヌの2番、7番のコンチェルト。
そして、バッハのe-moll、E durのソナタ。


既存の仏orその他近代は置いといて、古典をレクチャーしながら
発表会に乗せればとのお考えだったようです。

モーツァルトは即座に固辞しちゃいました(汗)

ドヴィエンヌのコンチェルトは間奏で休息できるという利点有り(^_^;)

バッハのソナタは吹きまくりなので、アンブシャーのトラブルがあっても
立て直す余裕がありません。。
    ↑
これ、迷いました。

でも、ドヴィエンヌはナンカ苦手。
発表会の直前に予定してるオケの演奏会を勘案(負のイメージを抱きたくない)して、
以前やったことがあるe-moll のソナタにしました。

姑息ですよね、チャレンジャーじゃないワタクシ。。。


本当はバッハが有る意味、シンドイし音楽の本質をつく曲と思います
(何やっても大変!)


譜読みはほぼできている気がするので、曲の推敲を頑張らないと。。

レッスンでは先生は詳しく教えてくださりました。
1楽章の意味を説きながら通奏低音の伴奏も付けていただいて、
初回から楽しい思いをしました♪

先生のコダワリも大いに有るご様子にて、これから厳しくなりそう・・・^^;

楽しみでも有り、不安も少々・・・


とにかく、聴くに堪えない演奏だけはしたくないでしゅ・・・

by bergamia_fl | 2009-03-12 00:39 | Flute | Trackback | Comments(18)

第九♪


久々に
ベートーベン  交響曲第9番 ニ短調 「合唱付」 を聴きました。
c0133533_21151916.jpg


実演を聴くのは何年ぶりかな・・・?
ひょっとして、、自分がオケで演奏したのが最後かも。。
自分が演奏しているのだから聴いたってことにならないかなぁ(^_^;)

20年前、なにも怖いもの知らずで第九の1stフルートを吹いたワタクシ。。
それも長女がお腹にいたにもかかわらず、ガンガン吹きました。。。。
今だったら、色々な 「 怖さ 」 を知ってしまったので絶対に出来ないでしゅ(><)



演奏はブロ友のとにゃままさまのオーケストラです。
フルートの彼女はP社の木管を演奏していて、それはもう素敵な音色でした。

彼女のフルートからキラキラした倍音の粉が降りかかってきたような、
素敵な瞬間が何回もありました。

それにあの華奢なおからだで、ダイナミクスを柔軟に表現。
驚嘆しました!

3楽章のなが~い・なが~~いフレーズをいとも容易く手品のように表現♪
どこにトリックがあるのかな・・・なんて思いながら聴き入りました

合唱団も幅広い年齢層で、豊かな文化環境の地元で市民が
音楽を楽しんでいるのが手に取るように分かる演奏会。

羨ましいな・・・落ち着いたベッドタウンでこれほどまでオケと地元が密着している!

参考になったのがオーケストラの支援として後援会制度があること。
私の所属オケも自治体からの支援があるけれど、これほどファンを
しっかり取り込んで協力者としてつかんでいるのはすごいことです。

ココロがほっこり温かくなるコンサート。
ちょっぴり遠かったけれど、行ってよかったです^^

また、機会があれば聴きにいきたいな。


とにゃままさま、お疲れ様でした~☆

by bergamia_fl | 2009-03-06 21:40 | Concert | Trackback | Comments(10)

デブる ! ? 桃の節句



    雛祭り

c0133533_133745.jpg


           ちらし寿司  ローストビーフ  蛤の潮汁  etc...
シャンメリー(ノンアルコール・シャンパン 子供向け^^;)で楽しい雛ディナーです♪





        今年は我が家のお姫たちは色々忙しく、雛祭りもお忘れでした。。
        主役達が不在で、パパ殿・おばば・ワタクシでアダルト雛ディナー。






               夜、10時を回ってようやく姫さま達のご帰還。
               タラフク食べた後は、別腹スウィーツ
                深夜の爆食べ。
                超危険・・・





銀のぶどうの雛ケーキ(^^)
c0133533_142191.jpg





          おばばの差し入れの地元洋菓子店のケーキも追加で・・・
c0133533_1501.jpg








両手に花ならぬ ・・・ 「 両手にケーキ常態 」 ・・・しゃーわせニャン(=^・^=)






c0133533_153711.jpg


 



 散々、ケーキを堪能したあとは、上機嫌でkozou君をサカナにして盛り上がり・・・ 
c0133533_161436.jpg






   エスカレートしてます(^_^;)
c0133533_164534.jpg


kozou君、落とさないようにジ~っと・我慢・・・いい子だねぇ。。
            大好きな おねえさまたちが楽しそうだからね。。。








これも有ったの(苦笑)
c0133533_19213866.jpg


なんだか 似ている・・・

c0133533_171687.jpg





娘達のご帰宅前に ストレスが有ったけれど 女同士でたくさん食べて
     楽しく過ごしたら、気分がスッキリ♪
     ワタクシ的には 楽しい雛祭りでした。





      でも・・・体は 「 成長 」 したような。。(いやいや確信)



      半月前からやっている コア・リズム ( これについては後日 ) 。
      頑張らねば!



  
  

by bergamia_fl | 2009-03-04 01:09 | Every day | Trackback | Comments(0)
line

オンガク・フルート・ネコ・シャシン。。。


by ゼラニウム
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31