カテゴリ:Orchestra( 35 )

無事に・・・♪

c0133533_21584537.jpg


オケの演奏会、終了しました。
お客様も9割以上の入りでまずまずでした♪



(G.P.)




ワタクシはペールギュント(全曲・語り付き)の1st.Flute、
グラズノフのワルツは2nd.を担当。
グリーグは木管top自主練習をこの1か月間、密に行ったのでほぼ満足のいく出来でした♪

特に、≪朝≫のソロは友人やいろいろな方にお褒めの言葉をいただくことが出来たの
が何よりもうれしく思っています(^^)v


今回のグリーグの曲は聴き馴染んだものなので、「聞き覚え」と言う落とし穴
注意をして他の楽器との係わり合いが難しいと認識しました。
アナドレナイのです★

全体に音が薄い曲。
各奏者の地力が露呈してしまう、という恐ろしい曲でもあります。。。

しかし、木管仲間(+コンマス様)とアンサンブルを良くしていこうと、交わしたメールや練習のなんと楽しかったことか♪

難関の≪帰郷≫のクロマティックや≪アラビアの踊り≫のピッコロも無事通過・・・(汗)。
クロマティックはダイナミクスがもっと表現できたらよかったケド。。
        ↑
今後の課題ということに。。。


前プロのグラズノフのワルツも支障なく、とても楽しくできました。


今月20日過ぎには同じホールでペールギュントと小品3曲をプラスして、
区内の小学生親子向けの音楽鑑賞教室のコンサートも有ります。
楽器紹介もあるので今から緊張~です。 (ドキドキしますけど、楽しみ♪)
まだまだ、気が抜けません



次回のワタクシの曲はペトリューシュカベト8です♪
譜読みが大変なストラビンスキー。。
これから、音符との戦いデス!

オバサン笛吹きはガンバルノダ~~(^_^)/

花より団子のようデス。。。
by bergamia_fl | 2007-11-04 22:38 | Orchestra | Trackback | Comments(10)

久々に・・・♪

十何年かぶりの神奈川フィルの定期演奏会。


指揮 ハンス=マルティン・シュナイト

シューベルト・交響曲第7番 「未完成」
R.シュトラウス・4つの最後の歌 (ソプラノ・松田奈緒美)
R.シュトラウス・交響詩「死と変容」



今年くらいは聴きに行きたいなぁ、と漠然と思っていましたが、
日々雑多な諸々に追われ、その他コンサート関係では公開レッスンやら
この1年で目覚めたフルートの演奏会、娘に聴かせたいヴァイオリン演奏会
が目白押しなので、あ~ぁ・神奈川フィルまで行き着かないかな・・・と
諦めかけていました。

ところが、次女がそこのコンマス・石田氏のインタビュー記事をヴァイオリン専門誌で読み、
非常に興味をしめしたので頑張って出かけました。

噂にはこのオケ、≪変わった≫って聞いていましたが、本当に変身していました。
昔はハチャメチャなところも有りました(笑)。
本当に落着いちゃってたの・・・隔世の感。
もともと悪い慣習に捕らわれている在京オケとは違い柔軟だったので、
良い指揮者、コンマスで≪変身≫したのでしょう♪

コンマスの演奏スタイルが娘が学んでいる師匠にすごく近い。
(或る、えら~い先生サマにヒドク批判されているもんね。。)
・・・で、日本の非常識は世界の常識
と激しく確認した次第デス。

びっくりしたのは、ヴァイオリンのbowing。
一人一人を見ると≪?≫って思ってしまう、ヘンなんです・・・(失礼)
なんで、あのオーソドックスなサウンド。。。が聴こえるのか・・
とても不思議な気持ちになりました。

指揮者のmagic か?
シュナイト氏ってどうして日本に来たんだろう??
今まで日本は音楽の本質を履き違えたので、見るに見かねたのかな。
ご奇特・・・余生は日本でって思われているのかな。
ありがたいことです。。

そして、誰が聴いてもきれいなものはきれいなのです。
いいものは良いのです。
いい加減な情報やブランドにこだわって、アタマが固いと損をします。
この演奏会が証明してくれました♪


今回は大好きなR.シュトラウスを2曲も聴くことができました。

特に「4つの最後の歌」の松田さんのソプラノは秀逸でした。
1曲目は固かったけれど、それ以降はグングン引き付けて、R.シュトラウスの
哲学世界を具現していました。
彼女のドイツ語やR.シュトラウスのイントネーションを深く研究しているのが想像できました。
コンマスとのコラボも美しいの一語に尽きます。ため息もの・・・
終わった瞬間、シュナイト氏が≪ブラーヴァ≫って言ったら
彼女は思わず感極まって涙ぐんでいました。
彼女もこれからの逸材として活躍していくのでしょうね。


終演後も良いことがありました。
ココの楽員でワタクシの高校時代の部活の先輩、お2人に再会しました。
Vlaの先輩は次女に好印象を持ってくれて、コンマス様を紹介してくれました。

思いもよらない出来事に親子でドキドキ・・・
コンマス様は娘にた~くさんのアドヴァイスをしてくださって、
結構長く歓談することが出来たんです。
本当に先輩に感謝です。
その先輩も娘に対して数々の助言をくれました。
今年は落ち込むことばかりの次女はとても心強かったと思います。

最後は私たち、ミーハーに変身してコンマス様に記念写真をおねだり。
快く応じてくださって、ステキな写真が撮れました。


芸術の秋の夜更け・・娘と楽しく帰路についたのでした(*^_^*)
by bergamia_fl | 2007-10-14 02:00 | Orchestra | Trackback | Comments(4)

あぁ~ツゅカレタァ~~♪

オケの集中練習が終わりました♪
昨日と本日の2日間。
中プロの一曲は降り番でしたが、≪乗り≫の曲は 吹きっぱなし 状態で
ケッコウ疲れました(-.-)

本番の指揮者先生が指導されました。

女性指揮者なのですが、的確な指示、豊かな音楽性の
指揮に接して 指揮は彼女の ≪天職≫ だと思いました!
アマチュア・オケだというのに、音が変わったんですもん。
いつも指がモツレてしまうフレーズも吹けました。
不思議~♪

次回の演奏会は是非とも頑張って成功させたいな~☆

ゲスト演奏。。
by bergamia_fl | 2007-09-17 18:01 | Orchestra | Trackback | Comments(4)

* オケのお仕事 *

所属しているアマチュア・オケの演奏会まで2ヵ月を切っているのですが、
その次の演奏会(来年の5月)に向けた準備も始まっています。

ライブラリアンの補佐をしているので、管・打・ハープ・ピアノのパート譜を
それぞれに割り当てる作業(←具体的に説明するとチョット支障が・・^^;)に
ボチボチ取り掛からなければ・・・。

c0133533_11593251.jpg


11月の演奏会は比較的薄い編成のため 作業 は ≪超・楽≫ でした。
次回はパートがやたらと多いのです。
ややこしい作業、必死・・・。
数が多いので楽譜の原本の管理やパート間の紛れ込みとか神経使いそう。。。


c0133533_126683.jpg
誰よりも先にパート譜を覗ける特権!
しかし、今度のメイン曲はペトリューシュカ
難易度★★★★★ (←あくまでワタクシ基準)
お試しで吹く気にもなれん。。
レッスンで師匠にこの曲に決定したことを話したら、
「フルート、虐め?」 っておっしゃっていました。。。
ヤッパリ。。。。
・・・やってみたいけど、やりたくない。
堂々と「やってもいいですよ!」とキッパリ言えるように実力が有ったらなぁ、アコガレます。
頭の回転の良さ、必須。リズム、ノリノリで指が
クルクル回るのが絶対条件・・ダワサ。
やっぱりワタクシにゃ無理か・・・トホホ(泣)



c0133533_12731100.jpg

ベト8
こちらはホッとする・・・but、音楽的難易度はかなり高そう・・・(T_T)
by bergamia_fl | 2007-09-14 12:34 | Orchestra | Trackback | Comments(4)

練習・レポ~ト

11月の定期演奏会まであと2ヵ月になっちゃいました ^^;

前回の練習はレギュラーではないunder の初登場指揮者さんが
振ってくださいました。
今回1回こっきりの指揮者かなぁ・・・
なんだか、お気の毒。
ただ、私たちのオケを通り過ぎていくだけ・・・のような。。


c0133533_10511990.jpg

グラズノフの≪演奏会用ワルツ≫・・・すごく重たい指揮。。。
しかしお陰で、自分が疎かにしていた≪音≫を確認できました。
ワザとあんな振り方したのかなぁ~。
カッタルカッタけど~★











c0133533_10555897.jpg

グリーグ≪ペールギュント・第1組曲、第2組曲≫は今までの練習は分奏が主でした。
特に ”ペールギュントの帰郷” は tempo は比較的ゆっくり目で練習していました。
ところが今回のunder 指揮者さん、
いきなりの in tempo ・・・「Allegro agitato ・8分の6」 を2つではなく1つ振りでした(@_@;)
本番は1つなんだろうケド・・・

1小節を1つで練習したことが無かったので、クロマティックの
ソロ、ヤバカッタ!
(お下品な表現ですね・汗)

ワタクシ、ノリ・悪し。。
運動神経、皆無 (T_T)






いよいよ次回の練習は本振りの憧れの指揮者先生がご登場です(*^_^*)
今週の個人練習はin tempo でガンバルのだ♪
by bergamia_fl | 2007-09-10 11:27 | Orchestra | Trackback | Comments(4)


オンガク・フルート・ネコ・シャシン。。。


by ゼラニウム

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

画像一覧

お知らせ

最新のコメント

キウイさま♫ 返信あり..
by bergamia_fl at 13:48
またまたお返事おそくなり..
by キウイ at 21:29
キウイさま♪ その節は..
by bergamia_fl at 01:19
お礼がすっかり遅くなって..
by キウイ at 17:46
キウイさん♪ ご無沙汰..
by bergamia_fl at 23:52
お久しぶりです。 くろ..
by キウイ at 22:00
素敵な写真ですね 残念..
by 警告 at 03:25
とにゃまましゃん♪ カ..
by bergamia_fl at 02:34
はっ、伺おうと思ってたの..
by tnysatcmo at 20:38
カワリモノなんです~Ψ(..
by bergamia_fl at 15:56

以前の記事

2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
Family profile
Orchestra
Flute
French horn
Violin
Ensemble
Fine art
The cats
Every day
Cooking
Going out
Concert
Impressions
Aroma
Shopping
草津アカデミー・ヴァイオリン
スライド・ショー
Restaurant
公開レッスン
Viola
植物
映画
Nikon D5000
シャシン修行
OLYMPUS PL1
OLYMPUS XZ-1
Dolce
未分類

ファン

お気に入りブログ

ぽっとの陽だまり研究室
カメラ日和編集部日記 “...
happy *riko*...
deli to delight
ソエジマのブロローグ
庭は夏の日ざかり
お茶の時間にしましょうか...
ばーさんがじーさんに作る食卓
*黒猫庵だより*
がんばる猫
On Land
ヒトは猫のペットである
お散歩日和 ー京都の風ー
Cafes in Vie...
ふるーとの森
すずちゃんのカメラ!かめ...
北の森から
White Board -♭
スペイン・バルセロナ・ア...
とにゃりん。備忘録
*Garden Cafe*
りきの毎日
salvage anti...
*Wonderful T...
Lovepan
風景写真出版からのおしらせ
大人の綺麗
ヴァイオリニスト大島莉紗...
photo NOW 2007
□■男・大吉■□  ~生...
西本喜美子の創作生活
毎日が猫びより
Animal Skin ...
 songs from ...
ザルツブログ ザルツブル...
猫の写真展ご紹介ブログ
おひとりさまの食卓plus
サクラ*びより
第14回 日本フルートコ...
りとるなっぷ*うたたね日記*
東京女子フォトレッスンサ...
photograph
しずかな時間、
新・ムー太の猫マンション
爽やかホハ・ホーラ!
動物福祉活動日記
女子美スタイル2011
心に花を*フォトプロジェクト

タグ

(155)
(118)
(94)
(83)
(76)
(58)
(52)
(50)
(46)
(43)
(40)
(36)
(30)
(30)
(23)
(21)
(20)
(20)
(18)
(14)

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
猫
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31