ペーター=ルーカス・グラーフ フルート・リサイタル

これが最後かも・・・
と言われてグラーフ氏のリサイタルを聴きました。

c0133533_239566.jpg



が、とてもお元気(^^)
(83歳なのです♪)

素晴らしかった060.gif



内向的でエレガントな音楽をプレゼントしていただきました。




まだまだ 現役です。


細胞がとてつもなく若いんですね。
お体、痛い所とか無いのかな?



田原さんのピアノも絶品でした。

どの曲も繊細の極みの伴奏・・・


お二人から、音楽の神髄を堪能させていただきました。




2013年2月21日(木)
ヤマハホール

<プログラム>
J.S.バッハ/フルート・ソナタ ホ長調 BWV 1035
F.シューベルト/「しぼめる花」の主題による序曲と変奏曲 ホ短調 Op.post.160 D802
W.A.モーツァルト/ソナタ ヘ長調 K.376
R.シューマン/3つのロマンス Op.94
C.シャミナード/フルート・コンチェルティーノ Op.107

<アンコール>
ゴーベール/マドリガル
ヴィドール/スケルツォ
J.S.バッハ/フルート・ソナタ BWV1030より 2楽章
J.S.バッハ/フルート・ソナタ BWV1033より 2楽章


*ピアノ
田原さえ




アンコールの
ゴーベールを、、

フルート奏者で作曲家で指揮者の天才。
そして、私の先生の先生


と 紹介していました。



フルートの本流を通ってきた、真の芸術家なのですね。




一緒に聴いたオケの友人は、明日公開レッスンの聴講にも行ったそうです。

いいなぁ~
トラックバックURL : http://bergamiafl.exblog.jp/tb/19477250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kanon212 at 2013-03-08 12:07 x
グラーフ氏のリサイタルに行かれたのですね〜。
私とbalaineは佐渡裕&オケのモーツアルトを聴きました。
無駄なものが削ぎ落とされて浄化されたような演奏でした〜。
若い方の中には音量や指の動きの速さ、大胆な解釈やアレンジを誇る様な演奏をカッコいいと感じる方もいるかもしれませんが、永年積み重ねられた音楽性はそれに勝る素晴らしさですよね。
Commented by bergamia_fl at 2013-03-09 01:31
カノンさん♪
オケとの共演も素晴らしかったことでしょうね(^^)
とにゃままさんに誘われたんですが、行けませんでした。。
彼女も聴きにいっていたのでは?
グラーフの演奏はもう境地が違いすぎます。
価値がまるで違うのです。
それにまだまだ指回りも良かったし、音量のボリュームも有る・・
素晴らしいですね。
まだまだ聴くことができると、確信しましたー♪

by bergamia_fl | 2013-03-01 00:00 | Concert | Trackback | Comments(2)

オンガク・フルート・ネコ・シャシン。。。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30